アーカイブ映像

2020年11月、和歌山県民文化会館が開館50周年を迎えます。県民の皆様に親しまれ、たくさんの感動がこの会館から生まれました。「奏でる50周年」皆様への感謝と新たな未来にむけた記念コンサートです。
今回、本県を代表するアーティストを特別ゲストに迎え、一層優雅な彩りを添えていただきます。50年の歳月と新たな未来に思いを馳せながら演奏会をお楽しみください。

澤 和樹Kazuki Sawa(和歌山県出身)

東京藝術大学大学院修了。ロン=ティボー、ヴィエニアフスキ、ミュンヘンなどの国際コンクールに入賞し、国際的に活躍。イザイ・メダル、ボルドー音楽祭金メダル受賞。1989年、文化庁在外研究員としてロンドンの王立音楽院に派遣。1996年より指揮活動を開始。2003、2004年に響ホール室内合奏団、2005年には東京弦楽合奏団を率いて英国各地で演奏し絶賛される。2004年、和歌山県文化賞受賞。現在、東京藝術大学学長。
洗足学園音楽大学客員教授。大阪音楽大学客員教授。英国王立音楽院名誉会員。英国北王立音楽院学術特別研究員。響ホール室内合奏団ミュージックアドヴァイザー。千里フィルハーモニア・大阪常任指揮者。和歌山県立図書館音楽監督。

宮下 直子Naoko Miyashita(和歌山県出身)

東京藝術大学卒業。在学中安宅賞受賞。83~88年渡英、マリア・クルチョ女史に師事。在英中オックスフォード大学ジャパンソサエティに招聘され演奏、浩宮皇太子殿下の臨席を賜る。和歌山県及び和歌山市文化奨励賞受賞。現在、相愛高等学校、相愛大学、相愛大学大学院、京都市立芸術大学、京都市立芸術大学大学院各講師。2019年より「きのくに音楽祭」プロデューサー。

山澤 慧Kei Yamazawa

東京藝術大学卒業、同大学院を修了。第21回市川新人オーディション優秀賞。第10回ビバホールチェロコンクール第3位。第17回コンセールマロニエ21弦楽器部門第2位。第2回秋吉台音楽コンクールチェロ部門第1位。第11回現代音楽演奏コンクール"競楽XI"第1位、第24回朝日現代音楽賞受賞。藝大フィルハーモニア管弦楽団首席チェロ奏者、千葉交響楽団契約首席チェロ奏者。

飯森 範親Norichika Iimori

桐朋学園大学指揮科卒業。国内外のオーケストラを数多く指揮、東京交響楽団正指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者として活躍。2014年シーズンから日本センチュリー交響楽団首席指揮者に就任。07年より山形交響楽団音楽監督、2019年シーズンから同楽団芸術総監督に就任。2020年1月より東京佼成ウインドオーケストラ首席客演指揮者に就任。

日本センチュリー交響楽団Japan Century Symphony Orchestra

1989年発足。現在は50名のメンバーが在籍。飯森範親が首席指揮者を務め、秋山和慶が2020年4月よりミュージックアドバイザーに就任。音楽の殿堂ザ・シンフォニーホールや豊中市の芸術拠点として親しまれている豊中市立文化芸術センターなどで定期的に演奏。地域発展や教育プログラムにも力を入れている。